海外FX 損失補填ボーナスを徹底解説!提供業者2選も紹介

海外FXボーナスの一つに「損失補填ボーナス」というものがあります。これは「トレードによって発生させたマイナス分を補填してもらえるボーナス」であり、状況によっては大きなピンチを打開できる可能性があります。

例えば、「損失がどんどん増えてきている」「含み損のポジションがあるが、損切りするには抵抗がある」「塩漬けしてしまって目も当てたくない」などに該当するのであれば、早めに損失補填ボーナスを利用することをおすすめします。

この損失補填ボーナスには、「他業者の含み損をカバーしてくれる」「ロスカットのときの損失を埋めてくれる」「トレードスタートから所定の取引回数までの損失をカバーしてくれる」など色々なタイプがあります。そこでここでは、海外FX特有の損失補填ボーナスについて解説していきます。

海外FXの損失補填ボーナスとは?

簡単に言うと「FX業者側が、トレーダーの損失を補填してくれる」という趣旨のボーナスです。

※日本には「トレーダーの損失を、業者側が補填してはならない」というルールがありますから、国内FX業者が損失補填ボーナスを実施することはできません。

損失補填ボーナスには主に以下の種類があります。

  • 取引の損失補填
  • 乗り換え時の損失補填
  • ロスカットにおける損失補填

それぞれについて見ていきましょう。

取引の損失補填ボーナス詳細

これは、「口座を作ってから、所定の回数までの取引における損失」を補填してくれるというものです。

「期間」「最大トレード量」「レバレッジ」などの条件が設定されている場合が多いですが、それでもメリットが大きいことに変わりはありません。

この損失補填ボーナスのお世話になるのは主に「FXを始めたばかりの初心者」だと思いますが、ビギナーはやはり損失を発生させやすいものです。

その損失をカバーしてくれるのですから、FXに対するモチベーションが続くことでしょう。

乗り換え損失補填ボーナス詳細

こちらは、「『他業者で発生させた含み損』を、乗り換え時に、乗り換え先の業者が補填してくれる」という形式のボーナスです。

「スプレッドの狭さ」「ハイレバレッジ」「各種ボーナス」などを目当てに海外FXを始める人は非常に多いです。

しかし海外FXトレードを続けていくと、「あの業者のほうがいいかもしれない」などと乗り換えたくなってくる場合があります。

そういったときにこの「乗り換え損失補填ボーナス」を使えば、含み損を解消して、新たな気持ちでトレードを再開することができます。

また、もちろん「どうしても業者を乗り換えたいわけではないものの、含み損が増えすぎてなんとかしたい」という場合にも、損失補填ボーナスが役立ちます。

「○万円まで補填します」などと明言されているわけではありませんが、口コミなどを見るに数十万円までは補填してくれる可能性がありそうです。

ロスカット時の損失補填ボーナス詳細

「証拠金維持率が一定まで下がったときに、強制的に決済されること」をロスカットと言います。

「ロスカット時の損失補填ボーナス」があると、ロスカットの際に「入金金額に応じた補填」を受けることが可能です。

ちなみに、相場の急変動などの影響で、「ロスカット処理が追いつかず、口座残高がマイナスになる」というケースがあります。

このとき海外FXの場合は、「ゼロカットシステム」によって、口座残高を0に戻してもらうことができます(ゼロカットシステムがない業者も稀にあります)。

口座残高が0になったときでも、「ロスカット時の損失補填ボーナス」が付与されます。

つまり、「口座残高が空になって再起不能かと思っていたら、助けてもらえた」ということがあり得るのです!

海外FXの損失補填ボーナスが充実している理由は?

ここまでお読みになって、

「海外FXの損失補填ボーナスは、なぜここまで充実しているのだろうか。何か裏があるのではないだろうか」と感じた人もいるかもしれません。

ですが、海外FXボーナスが全体的に豪華である理由は非常にシンプルで、

単に「自社の利用者を増やしたい」「自社でどんどんトレードをしてもらいたい」「獲得したユーザーに離脱されたくない」からです。

海外FX業者は損失補填ボーナスの他にも、「口座開設ボーナス」や「入金ボーナス」などのボーナスを実施していますが、全て「自社のためにやっていること」なのです。

「裏」も何もありませんから、安心してボーナスを有効活用しましょう。

海外FXで損失補填ボーナスを実施しているおすすめ業者

ここまで解説しておいてなんですが、損失補填ボーナスを行っている海外FX業者はそれほど多くありません。

また、今回挙げた3種全ての損失補填ボーナスを用意している業者は今のところ存在せず、どこも1種のみ用意しています。

それでは、損失補填ボーナスのある海外業者を2業者挙げていきましょう。

どちらも信頼性の高い業者ですから、安心して口座開設・トレードできます。

GEMFOREX

GEMFOREXには「乗り換え時の損失補填ボーナス」があります。

GEMFOREXの場合、「海外FX業者からの乗り換え」だけでなく、「国内FX業者からの乗り換え」で発生する損失さえカバーしてくれます。

そのため、「国内FX取引を卒業して、海外FXを始めたいけれど、国内FXの含み損が……」という方にもおすすめです。

審査をしてもらい、その審査をクリアすると、含み損を全額補填してもらうことができます。

GEMFOREXのオフィシャルサイト内の「申込フォーム」から、審査申請をすることが可能ですのでチェックしてみてください。

また、GEMFOREXには、「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」「レバレッジ1000倍」などの様々なメリットがあります。

「乗り換え時損失補填ボーナス」のことを抜きにして考えても、かなり優れた業者であると言えるでしょう。

LAND-FX

LAND-FXは「リカバリーボーナス」という名称の損失補填ボーナスを実施しています。

「ロスカットによって口座残高が3000円を切った場合、初回入金額の5%分が補填される」という内容です。

したがって、「ロスカットにおける損失補填ボーナス」に分類されます。

このサービスを利用するためには前もってメールで申し込んでおく必要があるので覚えておきましょう。

また、

  • 300ドル未満の入金は対象外
  • ボーナス口座、ECN口座は対象外
  • トレード量が一定未満である場合は対象外

などの制限もあります。

もちろん「取得したリカバリーボーナス」の出金は不可ですし、1人1回しか利用できない特典となっています。

例えば「10万円入金時:リカバリーボーナス5000円」です。

このボーナスを大きいと感じるかどうかはあなた次第ですが、「リカバリーボーナスを見越して、強引にお金をかき集めて、初回入金額を多くしておく」ほどの価値はないと思います。

あくまで無理のない範囲で活用するのがおすすめです。

まとめ

海外FXボーナスの一種である「損失補填ボーナス」を活用すれば、他社で発生させた大きな含み損を解消するなど、大きなメリットを得ることができます。実施している業者は少ないですがぜひチェックしてみてください。

具体的にはGEMFOREXの「乗り換え損失補填ボーナス」や、LAND-FXの「ロスカット時に救済してくれるボーナス」などがおすすめです。口座開設ボーナスや入金ボーナスに比べると知名度は低いですが、使わない手はありません。